太陽光発電投資の始め方|長期スパンの運用計画

電力会社との契約

ソーラーパネル

遊休地の活用方法には様々なものがありますが、最近人気が高いのが太陽光発電投資です。かつてはアパート経営が代表的な土地活用の方法でしたが、アパート経営を行うためには場所が限られています。いかに土地が余っていると言ってもアクセスが悪く近くにコンビニもないようなところでは入居者が集まりません。そのため、立地条件の悪い土地は放置しておくしかありませんでした。しかし、太陽光発電投資であれば、あまり場所を選びません。入居希望者が集まらないような立地条件の場所でも電力の需要さえあれば、電力会社と契約して売電することができるからです。ただ、発電量は日当たりなどの気象条件に影響されるため、日照時間の短い地域では太陽光発電投資は向きません。

太陽光発電投資を実施する場合には、自分でソーラーパネルを設置して、電力会社との売電契約を締結するのではなく、仲介してもらう業者を選んでソーラーパネルの設置から電力会社との交渉、その後の維持管理までを委託するのが一般的です。そのため、遊休地を持っているからと言ってすぐに事業展開できるわけではありません。まずは、専門業者に相談するところから始まりますので、どの会社を選ぶかが重要になります。太陽光発電投資は利回りが10%以上見込めると言われていますので、単純に計算しても10年程度で資金を回収することができます。その後の10年間は収益を得ることができますが、長期的なスパンでの投資ですので、その間のパートナーとなる会社選びが大切なのです。

太陽光発電による投資

男女

太陽光発電投資は、国が売電価格を定めて電力会社が電力を買い取ってくれるため、安定的な収益を見込むことができます。ただ、実績を持っているパートナー会社が少ないため、信頼できる会社を選ばなければなりません。

Read

太陽光発電のメリット

パネル

太陽光発電投資はアパート経営に比べると、入居者のような不確定要素が少ない分だけ安定的に収益を得ることができます。しかし、売電価格の固定は20年間なので、その後の再投資に向けて準備をしておくことが大切です。

Read

遊休地を活用した投資

屋根

太陽光発電投資は手間がかからずに安定的な収益を得ることができる反面、買取価格の固定が20年間となっていますので、それ以降の状況が分かりません。そのため、将来に備えて回収した資金を確保しておくことが大切です。

Read